毎日を素敵にする魔法

「魔法使いになれたらいいのに」ハリーポッター全盛期に思春期を過ごした私は、杖から繰り出される便利魔法にうっとりしていました。電気がついたり部屋をちゃちゃっと片付けられたりしたら楽ちんだろうなぁ。そして、ただそこにいるだけでワクワクする魔法の国ディズニーランドも大好き。

でも、それらはすべてファンタジーの世界。自分には物を浮かせたりワープしたりといった特殊能力がないことを自覚して大人になり、夢の国からひとたびゲートを出れば圧倒的な現実が待っている。

しかし、大人になって気付いたことは「魔法は特殊な能力のことだけじゃない」ということ。

最も威力のある魔法は「ありがとう」という呪文。疲れている家族へ、親切にしてくれた人へ、混雑するレジで、この呪文を唱えると自他共にハッピーになる。笑顔も添えれば効果増幅。

そして、料理や裁縫などの手仕事も。「おいしくなぁれ」「ほつれよ破れよ素敵に直れ」こんなふうに唱えながら手仕事をすると、出来上がったものにパワーが宿る。(この魔法を受け取る人は「ありがとう」の呪文のほか「おいしかった」「大切に使うね」などの魔法返しをすると効果増幅)

一方で、禁忌の黒魔術もたくさんある。ネガティブな気持ちを言葉に乗せて発すれば「呪い」になるし、態度に乗せればその場の空気をじっとりトゲトゲにする力がある。

スピリチュアルな感性を大切にすることも魔法の1つ。この「スピリチュアル」とは透視能力や降霊術などの能力ではなく、精神性という言葉のままの意味。

星を見て孤独について考えたり、舞い散る花吹雪にふと言葉が浮かんだり、日が昇る海に勇気をもらったり。

テレパシーなんて大袈裟な能力がなくても、人の目や言葉から「なんか元気がないな」と察することもスピリチュアル。

空を飛んだり物を浮かせたりする奇術だけが魔法ではなく。気持ちを言葉や行動に乗せることや目に映るものから何かを受け取ることは、誰しもが使える魔法。

ハリーポッターもディズニーも、おそらくそれをいちばん伝えたいのではないでしょうか。

何かと自他共にピリピリしやすい今日この頃。焦る気持ちや威嚇する気持ちをなだめつつ、日常をより楽しいものにする魔法を、今日も。

心の整頓お手伝いいたします

・愛犬愛猫との暮らしにまつわるお悩み相談
・猫タロットで心のモヤモヤを整理整頓

▼詳細は下の画像をクリック

ハロウィーン
出張相談イベント

静岡県三島市:JR三島駅南口より徒歩5分
カフェ店内で
猫タロット対面相談開催いたします。

▼詳細は下の画像をクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です