ルーン占いを手作り

以前より気になっていたルーン占い。

タロット占いと同じト術(ぼくじゅつ)に分類される、偶然性とインスピレーションを用いた占いの形式です。

ルーンとは北欧の古代文字で、一文字が意味や力を持つという特徴があります。北欧神話とも関連深く、その根底には北欧の気候や自然なども感じられます。タロットと似たところもありつつ、また違った魅力がありますね。

ルーン占いは
ルーン文字が書かれた天然石や木製チップなどをバラバラと投げたり、
おみくじのように引いたりして占います。

猫がお好きな方に楽しんでいただけるように、私は猫の絵柄のタロットカードを使っています。ルーン占い用のストーンやチップも犬や猫関連がいいなぁと思っていたのですが、タロットと違って絵柄がないこともあり、なかなか探すのは難しい。

悩んだ挙句、Amazonで木材チップと彫刻刀を買い、自分で手作りすることにしました。

下書きをもとに彫り…猫の輪郭にしてみました。
25枚もあるため、彫るだけで結構かかりました。
持て余していたアクリル絵の具で色付け。ゴ
ールドとシルバーがシャイニーです。
タロットのように正位置/逆位置があるので、
この円形のチップより
長方形を選んだ方が使いやすいかもです。

数億年ぶりに彫刻刀を使ったからか、次の日は首の根元や二の腕が筋肉痛になりました。運動不足がはなはだしいですね。

自分の中でしっくりきてから、猫タロットにプラスして取り入れていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。