ドアノブを縦にしたら開けられちゃう問題が2分で解決した

我が家の黒猫ネロ氏はとっても頭が良い。

ドアノブにジャンプして前足を掛け、体重を掛けるとドアが開くことを覚えてしまった。

最初は動画を撮ったりなんかしてほほえましく見ていたのですが、全然微笑ましい行動ではなかったのです。

普段はドアを開け放している我が家ですが、調理中〜食事中はドアを閉めて愛猫たちからのチョッカイを防止していました。

ところがどっこい、ネロ氏がドアを開けることを覚えてしまった後は、もはやドアなんて意味をなさないモノになってしまったわけです。

そうなると、飼い主のご飯時はネコズをケージインしなければならなくなってしまいます。狭いケージに何時間も入れるのは心苦しいところ。

実は、私は以前より「ドアノブの向きを縦に変えれば愛犬愛猫に開けられなくなる」ことを知っていました。なぜ実践を渋っていたかというと、単に「難しそう」と思っていただけ。

我が家の毛玉生活のQOLを上げるため、ついに私はドアノブ改造に重い腰を上げました。どっこいしょ。

ドアノブを縦に改造した過程

我が家のドアノブはこんな感じ

ご家庭によってドアノブの種類はさまざまで、ドアノブを外す方法も違うと思いますが、特殊なドアノブじゃない限り似通った構造なのではと思います。

ネジを外す

ドアノブはドアの両面についており、ドアを貫通する形で繋がっています。

ドアノブ(写真左)の側面にネジがありました。これを外すと両面のドアノブが分離するつくりです。

手動のドライバーで全然大丈夫ですが、我が家には電動ドライバーしかないのでこれを使いました。数年前にLOWYAで買ったこの電動ドライバー、組み立て式の家具もスムーズに組み立てることができます。以

前は手動のドライバーでヒーヒー言いながら家具を組み立てていましたが、これを買ってから完成品じゃなくても安心して選べるようになりました。

こちらの電動ドライバーにはヘッドがいくつか付属しています。磁石ではめ込む仕組みです。大きさを選べるので、ネジの大きさを確認。よし!

ドアノブを外しました

ネジを外すと、ドアに貫通して繋がっている反対側のドアノブも外れます。

縦にセットし再びネジを締めて完了!

両面のドアノブを縦の方向にして、再びネジでセットしたら完了です。真上→左に倒すとドアが開くようになります。

ドアノブの改造、難しそうと尻込んでいた自分に猫パンチしたくなるほど簡単でした。日曜大工のスキルがない私でも、2分もあれば完了しました。

穴を開けたり傷付けるわけではないので、賃貸のおうちも大丈夫。退去時には元に戻せばOKです。

愛犬愛猫がドアノブを開けてお困りの方はぜひお試しください。

2分でQOLが爆上がりしたお話でした。

2件のコメント

  1. 我が家でも犬がドアというドアを自在に開け閉めするようになってしまい、自室には犬に舐めさせたりすると危険な薬品や工具もあるため、悩んだ結果「ドアノブを自作する」というアホなのか凄いのかわからない方法で解決したことがあります。縦にすればよかったのですね、目から鱗です!

    1. ドアノブを自作されたのがすごいですー‼︎
      日曜大工スキルが皆無な私には雲の上のレベルです…!
      ハンドル縦作戦は
      見た目のシャキーン感がいなめないですが(笑)
      簡単なので皆さんにオススメしたいです(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。