肩書きを、外してみる。

自分が何者なのか揺るぎなく見つけたくて、人は旅に出たりする。「あなたに何ができるの?」面接でそう問われ、答えられないと働かせてもらえない。 だから、人は肩書きを欲する。自分が何者なのか、あなたのために何ができるのかの答え…

卵巣嚢胞で緊急手術したお話・番外編

卵巣嚢胞で緊急手術したお話・前編 卵巣嚢胞で緊急手術したお話・後編 今回の緊急手術からの入院では、夫がいてくれてほんとうに助かった。痛みでまともじゃない私に代わって冷静に入院や手術の手続きを行ってくれて、一旦帰宅して下着…

卵巣嚢胞で緊急手術したお話・前編

本厄も例に洩れず、忘れた頃にやってきた。 いいや、ほんとうは、こんな日が来ることをちゃんと予感していた。 33回目の誕生日を目前にした21年6月19日、激痛が私をぶっ叩き起こした。痛みって他人に伝えるのが難しいものだけれ…

「グレー」を受け入れること

今日の占いに「白黒つけず、グレーが良い日」とあった。以前、心理テストのようなカードを用いて性格診断をしてくれるカウンセラーさんに「あなたは白黒つけたがる傾向がある」と言われたことを思い出した。それは自覚していなかったこと…

今を懸命に

「信じる」ことって、「そうであってほしい」と願うことかもしれない。 疑うより、信じることの方が良い。でも、信じることも疑うのと同じように「勝手なこと」だということを、忘れてはいけないなと思った。 自分以外の人を、動物を、…

ブログ再開しました

気がつけば9年もライターをやっているくせに、自身のブログが続かない私。 「インスタがあるしいいか、楽ちんだし」と甘やかしていたのだけど、やっぱり長文で文章を吐き出す場所がある方が良いと思った。 ライターとして、相談員とし…